親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

CS機におけるマウサーのメリット・デメリット

CS機においてXIM APEXやXIM4、VenomX等を使用し、マウサーになった際のメリットとデメリットを紹介しますが、これはあくまでも私の実体験における物ですので皆さんに当てはまるかどうかはわかりませんが参考にしてみてください

f:id:gameblogx:20180206182205j:plain

メリット

1.ゲーム内最大感度を使える

ゲーム内感度を最大にして、コンバーター側で感度設定をしてやることでゲーム内の最大感度を使用できます、いわば振り向き時は早く振り向き、細かいエイムはマウスを細かく動かすことで可能となります。

2.ジャンプ撃ち等が行いやすくなる

キーボードorマウスにボタンを振り割ることでジャンプ撃ちや□ボタン(XboxoneならAボタン)を押しながら視点移動したりというコントローラーならモンハン持ちやクロウグリップをしないとできない操作ができる

3.セミオートの武器を使いやすくなる

CS機のトリガー型ボタン(R2やRT)より、マウスのボタンクリックの方が押しやすく連射がしやすい、ただしこれはパッドでもR1やRBボタンに変更することである程度は対応可能

メリットとしては以上でしょうか、ただし設定等を煮詰めた上での事ですが

 

デメリット

1.初期投資が必要

コンバーター、マウス、キーボード、マウスパッド等それなりの物を買おうとすると合わせて数万かかります。(モンゴリアンスタイルはキーボード不要)

2.デスク周りにマウスパッドやキーボードのスペースが必要

テレビやディスプレイの前にスペースを設けてキーボードやマウスパッドを置くスペースを作らなければならず、同じ姿勢でプレイしなければならない

3.乗り物やキルストの操作がしにくい

CS機のゲームは基本コントローラーに最適化されているので乗り物やキルストの操作時に操作しにくいことがある、ただしモンゴリアンスタイルならすぐに持ち変える事ができるのである程度は対応できる

4.操作に慣れるまでが苦行

キーボード及びマウスでの操作、あるいはモンゴリアンスタイルに慣れるのがしばらくかかる(これは人によって個人差が激しい)、あるいわ結局断念して、パッドに戻る人も多い(オークション等みてみると「断念したため手放します」と言う人も割と見る)

5.批判されやすい

これは言わずとも分かると思います。「ハードウェアチートだ!」「PCいけよ」「パッドじゃ雑魚だからマウス使ってるんだろう」etc・・・

 

デメリットを数点上げた所で自分なりの考え方ですが

 

1番はどれだけゲームに掛けられるか?という話で趣味なのでお金を使うとか工夫して使えるようにするとかそういう問題でしてこれをデメリットと感じるかどうかはその人次第といった所でしょうか

2番ですが、意外とこれを気にする方が多いと思います。リビングのテレビでプレイするのはさすがに無理があるかもしれません。自室にゲーム用ディスプレイ等用意する必要がありますね

3番はキーボードでの操作で特に顕著になります、それもあってか乗り物に殆ど乗らず歩兵で無双するような人はよく「あいつマウサーじゃね?」と言われます

4番は1番との兼ね合いになりますが、せっかくお金を出して購入しても自分に合うかどうかわからない、一種の賭けのような物です。でも実際自分で使ってみない事には答えがでないので仕方ないですね、ダメならオクに流したり友人に譲渡したりできますからね

5番はCS機でマウサーが出始めてから延々と繰り返されていますね、特に現世代機になりFPSというジャンルが日本でも多くの方に認知され始めた頃から顕著になりました。これに関しては後日別記事にしたいと思います。

ただ一つアドバイスですが、親しいフレンドには自分がマウサーだということを告げておいた方が良いと思います。稀にマウサーに激しい敵意を持つ人達がいまして、もしフレンドがそうならふとした時に「マウサー死ね」とか罵倒しだす時があります。

そのような時「あー、ごめん私もなんだよね・・・」と心の中で謝ることになります。

カミングアウトの時期を誤るとなかなか言い出せなくもなります、早めに打ち明けるのがよいでしょう。

デメリットを長々と書きましたがそれを補って余りあるメリットがあると思います。

この記事を読んでマウサーになりたいという言う方は下記の記事も参考にしてみてください。

 

2018年3月にXim4の新型「XIM APEX」が発売されました、今現在もっともお勧めのマウスコンバーターです

XIMAPEXに関する記事一覧です、ぜひご覧下さい