親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEX エキスパートコンフィグモード設定解説

 先日届きある程度触ってみたので、XIMAPEX エキスパートコンフィグの解説です

f:id:gameblogx:20180313112248p:plain

 1. エキスパート設定モードを有効にする

まず各ゲーム用コンフィグ画面の右上の設定をタップし、グローバル設定を選びます

 

f:id:gameblogx:20180714143209j:plain

次に「エキスパート設定を有効化」にチェックを入れを、マウスの「反応率」を選びます(ここは個人的に500Hzがお勧めです)

マウスのポーリングレートも同じ数値に設定しておいて下さい

写真の例ではG402で500Hzに設定しています

f:id:gameblogx:20180714143256j:plain

元の画面に戻ると図の様な状態になっていますので確認してください

f:id:gameblogx:20180714143537j:plain

2.感度設定を行う

感度設定も設定できる項目が増えています、上から順番に説明します

f:id:gameblogx:20180714143550j:plain

腰撃ち(Hip)感度の設定画面です、上から

照準感度:上げるとマウスの移動量に対して視点が大きく動きます、下げるとその逆です

弾道エディター(バリスティックカーブ)の設定(詳しくは後述)

同期設定:デフォルトは「規定」で他に「消す」「一般」「スロー」と4種類ありますが詳しくは下記記事を参考にして下さい

スムージング:マウスの動きを平滑化処理します。ポーリングレートを上げた際、低速時の視点移動のカクツキを抑える事ができます。それとは別にDPIの低いマウスでも効果があります

Y/Xレシオ:マウスの動きに対して縦方向にかける倍率、大きくすると縦方向の視点移動がマウスの移動距離に対して大きくなります、小さくするとその逆です

回転アシスト:指定されたボタンを押している間、少し視点移動しただけで最大感度で視点移動します、トグルにチェックを入れておくとボタンを押してもう一度押すまで有効になります

垂直に反転:上下反転

左スティック:マウスで左スティックの操作(移動)となります

f:id:gameblogx:20180714144011j:plain

ADS感度の設定画面です、上から

継承:Hipのボタン設定を受け継ぎます、チェックを外すとADS時のボタン設定を行うことができます

キー:どのキーを押した時にADS感度設定を有効にするか、最初はここが右クリックに設定されているのでモンゴリアンの場合はL2に設定し直す必要があります

遅延:Hip感度からADS感度へ移行する際のディレイ(遅延)設定です、CoD等は腰撃ち時からエイム状態へ移行する際に、完全にエイム状態になるまではゲーム内の腰撃ち感度が優先されます

XIM側で0msにしておくとエイム状態への移行中はゲーム内では腰撃ち状態なのにXIM側でADS感度となり大きく視点が動いてします(XIM側設定は通常エイム感度の方が高い為)

そこで遅延を持たしてエイム状態への移行を待ってXIM側もADS感度の設定を有効にするという操作が必要となります、その為のADSディレイ設定です

スムーズな照準変更:ADSへの移行時、ディレイが掛かる際に徐々に感度が変わります

f:id:gameblogx:20180714144145j:plain

こちらの項目はHipの時と同じですので説明を省きます

他にもHipとADS後4種類まで感度設定を行うこともできます

BF等は乗り物に乗車した際、極端にゲーム内感度が落ちることがありますのでそういった場合、乗り物用に設定した感度に切り替えることもできます

3.バリスティックカーブ

HipとADSそれぞれにバリスティックカーブを設定することができます

中央の「BALLISTICS EDITOR」をタップします

f:id:gameblogx:20180313104358j:plain

するとこのような画面になります、XIM4は20分割しかできませんでしたがXIMAPEXは50段階の設定が可能です

初期状態はリニアに一直線に0から100まで並んでいます

これを例えば「途中までは通常で振り向き時、大きくマウスを動かしたときだけ途中から最大値を入力する」という設定にします

f:id:gameblogx:20180313105057j:plain

50刻みで数値は好きに設定できるので

左から25(50%)まではリニアに、それ以降を少しずつ上げていきます

上の図の例だと30を65、33を80、35を100に設定しています

これで通常は普通のエイム感度で振り向きたいときや大きく視点移動したい時は一気動く、という設定となります

もっと極端にすることもできますし「動き出しはもっと細かいエイムができて、大きく視点移動したい時は一気に動く」といったような設定も可能です、色々と試行錯誤してみるのも良いでしょう

バリスティックカーブの詳細記事です、参考にしてみてください

以上でエキスパートセッティングの説明を終了します

4.個人的な感想

新しく設定できるようになった「スムージング」が素晴らしいと思います

特に低DPIのマウスでも高DPIのマウスと変わりなく使用できます、個人的にG402の持った感じが好きなのでメインマウスをこちらに変更するかもしれません

高倍率のスナイパー等もXIM4だと微妙な位置合わせでカクツクことがありましたが、XIMAPEXでスムージングをオンにしておくとカクツクことが無くなりました

バリスティックカーブの設定を細かくできるようになりましたが、多くの人はそこまでいじらないような気もします

ただ、私のように色々設定をいじって遊ぶのが好きな人にとっては楽しめると思います

PS4だと8msから4msに変わった遅延関係ですがまだあまり使い込んでいないのでわかりません

1msで動作するXboxoneでも試してから効果の程をお知らせしたいと思います

XIMAPEXはPCとのBluetooth接続が非対応となったようです、スマホ等を使用して設定しましょう

まだ一日しか触っていませんが、個人的には買ってよかったと思える商品です、今はまだ高い!とお考えの方も安くなってから買い替えてみては如何でしょうか

設定内容項目別説明及びトラブル対策に関する記事

こちらの記事も参考にしてみてください

2018/4/2日追記

ベータファームウェア20180328を使用しての低DPIマウスを使用してのスムージング効果検証動画です

十分効果があることが実感できます

 

PS4の機能で「XIMコミュニティ」を作成しました

マウサー仲間が欲しい方ぜひ参加お待ちしております

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介

Razerのマウスパッドです、厚めの布マウスパッドが好きな方にはおすすめできます

私が今使っているのはこちら大きめサイズ、Largeはこちら