親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIMAPEXでジョイコンとナビコンを使ってみる

XIM APEXの左手デバイスでNintendo Switchのジョイコンとムーブのナビコンを使用できます

f:id:gameblogx:20180313155217j:plain

 1.ジョイコンを使う

まずXIMAPEXとペアリングを行います

側面にある小さな丸いボタンを長押しします

 

f:id:gameblogx:20180313162342p:plain

LEDが流れる様に点滅したのを確認し、XIMAPEX本体のボタンを押します

本体のLEDが虹色に何度か点滅し、ジョイコンの一番上のLEDが点灯状態になりま

XIMAPEXマネージャーの接続デバイス表示の所にジョイコンのマークが出ればペアリング完了です

f:id:gameblogx:20180313162854p:plain

次はボタン設定でジョイコンのボタンを割り当てます、基本コントローラー左手のボタンを全て割り当てます

f:id:gameblogx:20180313163039p:plain

マウスに割り当てることができるキーはマウス側に割り当てても良いでしょう

アナログスティックは割り当てなくても移動に使用できます

これで設定は完了です、ゲーム内でボタンが正しく割り当てられているか確認してみてください

ちなみに右のジョイコンでのペアリングも試してみましたがペアリングできませんでした、どうやら右ジョイコンは対応していないようです

2.ムーブのナビコンを使用する

ムーブのナビコンはXIM4と同様に、一度有線で繋ぐと次回から自動でペアリングされます

ジョイコンと同様に接続されると接続デバイスの所にPSマークが出ます

ボタン割り当ても同様に行い、使用してみて下さい

ですが、残念ながら我が家のナビコンはバッテリーが病んでいるようで、有線で繋いで充電しながらでないと使用できませんでした

製造から時間も立っており常用するには少し問題があるかもしれません

3.附属のHUBでなく、市販のUSBHUBでも使用可能

これは事前にメーカーの動画でも確認できていましたが、付属のHUBだけでなく市販のHUBも使用できます

ためしに我が家にあったUSB3.0のHUBを使用してプレイしてみましたが、付属のHUB同様プレイできました

電力不足で使いたいデバイスが使えないときは、セルフパワーUSBHUBを使用すると解決できます

f:id:gameblogx:20180315214706j:plain

こちらは我が家にあったバッファロの物ですが、問題無く使用できました

他のセルフパワーUSBHUBでも使用できるでしょう

 

4.個人的な感想

Nintendo Switchのジョイコンが意外に使いやすく、すぐ慣れました

軽く大きさも手にスッポリと収まり、DS4等のコントローラーを片手持ちするより楽にプレイできます

少し不安があるとすればアナログスティックの軸などが細い為、FPSをプレイする上で耐久性は大丈夫か?ということです、思わず力が入ってしまいますからね

市販のHUBが使用可能という点は、本体のHUBが悪くなったらどうしようもありませんが、これなら市販品を買えば済みますので良い改良点だと思います

セルフパワーのUSBHUBを使えば消費電力の大きなデバイスも使えるかもしれませんね、どなたか試していただければ幸いです

 

XIMAPEXに関する記事一覧です、ぜひご覧下さい

 

Xim4で使用していたマウスとマウスパッドの紹介もしています、XIMAPEXでも同様に使えますのでぜひご覧下さい