親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでG402を使う(リフトオフディスタンス調整)

 

f:id:gameblogx:20180414095837p:plain

XIMAPEXでG402を使っている方向けの記事ですが他のマウスにも応用が利くと思います

普段私はG502を使っていますが久々にG402を使ってみて不満に思うことが一つあります

リフトオフディスタンス(以下LoD)が長いことです

LoDとはマウスを持ち上げた際にセンサーが反応しなくなる距離のことです

f:id:gameblogx:20180414100723j:plain

一般的に2mm以上になると使いにくさを感じると言われています

G402は4gamerの記事でも総じて2mm以上という結果

これが長いとどの様な不都合が起きるのか?というと

マウスの場合どうしても、「マウスを持ち上げて移動させ、降ろす」といった動作が必要になります、その際に

・マウスを持ち上げる時→マウスパッドから離れているのに視点が動く

・マウスを降ろす時→マウスパッドからまだ離れているのに視点が動く

このように意図しない視点移動が発生します

実際に使用する際もマウスを高く持ち上げて移動させなければならない為

マウス操作にストレスを感じる原因になります

どうにかできない物か調べてみましたら、対策がありましたので試してみました

こちらのブログで紹介されていました

#LogicalGaming: マウスのLoD調整

こちらで紹介されていた「センサー部分の一部を何かで塞ぐ」という方法を試してみます

f:id:gameblogx:20180414132320p:plain

写真のようにセンサー下部分をラベルシールで隠します

位置合わせが微妙でセンサー周辺の六角形の部分の対角上にシールの端を合わせると隠しすぎてしまうのかセンサーが反応しなくなります

かといって下過ぎるとLoDもほとんど変わらなくなります

何度か位置を調整してみて下さい

調整後のLoDの確認方法ですが一円玉(厚み約1.5mm)を三枚並べその上にマウスを置いて軽く動かしてみます

確認の動画がこちら

 

他にも調べてみるとメンディングテープを使用したり、テープやシールの素材でも多少の違いがでるようです

実際にBF1で調整後にプレイしてみましたが、LoDが短くなるだけでかなり使いやすくなります

G402を使用していて、LoDの長さに悩まされている方は試してみてはいかがでしょうか?

 

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介