親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでロジクールG703を使う

f:id:gameblogx:20180614183521j:plain

XIMAPEX用にロジクールG703を購入しました

ワイヤレスマウスを一度XIMで使ってみたかったのが購入の理由です

ロジクールのワイヤレスマウスは他にもG903とG603がありますが

G703を選んだ理由は、センサーがG502と同じPixArt製PMW3366が搭載されておりLGSにてセンサーキャリブレーションが可能な事

G903はホイールがチルト付の物でモンゴリアンで使用するには不向きだと感じたからです(理由は後述)

今回はG703のXIM APEXでの使い心地をレポートしたいと思います

基本スペック

ロジクールG502との比較表で確認します

f:id:gameblogx:20180614144614p:plain

LIGHTSPEEDワイヤレス

大きな違いはG703は無線で使用できる事です

ロジクールのLIGHTSPEEDワイヤレスを採用しており、無線マウスでとかく問題とな

りがちな遅延がありません

ワイヤードと比較しても遜色ない性能です

同技術を採用したG903はStylishNoob氏を始めとする、PCゲームプロプレイヤーであるDetonatioN Gamingのメンバーも使用しています

プログラム可能な6個のボタン

ボタン数は12個から6個へと半減しています、メインボタン左右、サイドボタン2、ホイールクリック、ホイール後方のボタンとなります

いままでのG502は色々な機能をマウスに割り当てていましたが、最低限の機能しか割り当てる事ができません

そこで吟味した結果以下の図の様な配置にしました

f:id:gameblogx:20180614185344p:plain

ホイールDOWNはゲームによって、十字キーの機能を一つ割り当てます

三角ボタンの位置が少し押しにくいですが、何試合かプレイしていると不思議と慣れてくるもので違和感なく武器切り替えができるようになりました

このようにボタン数の少ないマウスを使ってモンゴリアンスタイルでプレイする場合は、何かのボタンをホイールスクロールやホイールボタンに割り当てなければなりません

チルトボタン付きの物だと誤爆してしまう可能性があります

加えて三角ボタンに設定したボタンがG903だと少し遠く押しにくいのではないか?と考え購入を見送りました

センサー性能について

センサーはスペック表にもありますがG502と同じ、PixArt製PMW3366が搭載されています

f:id:gameblogx:20180614192617p:plain

ソフトウェアによるマウスパッドに合わせたセンサーキャリブレーションも搭載されており、どんなマウスパッドでも100%性能を引き出せます

G502と同じ感覚でエイムでき、もちろんリフトオフディスタンス(持ち上げた際センサーが動作しなくなる高さ)も申し分無し

素晴らしい性能です

マウスの大きさ、握りやすさについて

私が所有している他のロジクール製マウスとの比較となります

f:id:gameblogx:20180614190750p:plain

写真の様に大きさはほぼ同じで今までG502やG402を使用していた方なら違和感なく移行できると思います

メインボタンはG502のように真ん中がへこんでいるタイプで、指が自然とベストな位置に来るので連射もしやすいです

f:id:gameblogx:20180614191143p:plain

重さもG502より軽く、ケーブルがない分とっさに動かす際の抵抗もありません

私はUSBキーパッドを手元に置いていますが、ケーブルが無くなった為すぐ上に置くことができオプションやシェアボタンに設定したボタンにすぐ手を伸ばすことができるようになりました

トータルの操作性の向上にもケーブルが無いことが一役買っています

f:id:gameblogx:20180614202530p:plain

コントローラー、マウスを無線化する事で持ち運びも楽々

以前は使っていなかった部屋をゲーム部屋として使っていましたが、子供部屋として取り上げられてしまい今は階段下の押し入れのスペースを穴倉と呼びゲーム部屋としています

限られたスペースの為、PS4しか持ち込めませんでした

そこでXboxOneはリビングのTVに繋いで使用しています

XboxOneでXIM APEXを使いたいと思った時に完全無線化できていれば認証用DS4のUSBケーブルのみ取り外し移動させることができます

XboxOne認証用コントローラーを接続すればセットアップ完了となります

無線化することで簡単に他の機器へ接続しなおす事ができるようになりました

まとめ

ケーブルが無いというのは思った以上に快適です、無線化することで容易に持ち運ぶこともできるので使いまわしも利きます(PCに移動してPCでFPSをする際にも使用できる)

メインボタン脇のボタンが無い分、操作性はどうなのか?と思いましたがぶっちゃけ慣れです

数試合である程度慣れましたので、今後使い込んでいく中で自然と操作できると思います

製品としてのクオリティも高く、安定のロジクール製品という安心感もある

XIM APEX/Xim4との相性も抜群で、無線ゲーミングマウスとしては本当にお勧めの商品です

実はG603も気にはなっている

同形状で乾電池駆動、新センサーのG602も実は気になっています

新センサー「HERO」と私がずっと使っているマウスパッド、Razer Goliathus Cosmicとの相性がどうなのか非常に気になります

8月末には既に海外で発売されているG305の日本版G304も発売されますし(これもHEROセンサー)こちらの商品が安くなったら購入して試してみたいと思います

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介

Razerのマウスパッドです、厚めの布マウスパッドが好きな方にはおすすめできます

私が今使っているのはこちら大きめサイズ、Largeはこちら