親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでディビジョンをプレイする

f:id:gameblogx:20181228194750j:plain

2019年1月のフリープレイでディビジョン(The Division)が配信されることが発表されました

私も以前プレイした事がありますが、当時はVenomXを使用していましたので

フリープレイに先駆け体験版でXIM APEXを使ってプレイしてみました

使用デバイス

マウスはロジクールG502HERO DPI4000 ポーリングレート500hz

マウスパッドはロジクールG640r

左手DS4のモンゴリアンスタイル

ゲーム内設定

f:id:gameblogx:20181228194800j:plain

カメラ感度:100%

照準感度:100%

スコープ感度:お好みで

f:id:gameblogx:20181228194837j:plain

デッドゾーンの範囲:40%

あまり設定を変更する所はありません

XIM APEX設定

XIM APEXはエキスパート設定を有効にし、レスポンスレートは500hz

STはThe DIVISIONのPS4用を使用します

Hip側設定
f:id:gameblogx:20181228195523j:plain
f:id:gameblogx:20181228200149j:plain

ディビジョンはPS4proでも可変フレームレートということで、同期は規定を使用します

弾道エディターはそのままリニア(デフォルト)で使用しています

ADS側
f:id:gameblogx:20181228200536j:plain
f:id:gameblogx:20181228200411j:plain

有効化キーはL2ボタンを設定します、こちらも同期は既定を使用

ゲーム内設定のスコープ感度はお好みで調整して下さい

弾道エディターはHip同様リニアで設定します

まとめ

上記設定でそれなりに動くようになりました、ただしUBIソフトのゲームはエイムシステムに癖の強い物が多く、本作も加速がきついので違和感はあります

ですが、普段XIMを使ってマウスを使用している方はパッドでプレイするよりはエイムしやすいと思います

ゲーム自体もシューターRPGといった作りで、キャラクターを育てる楽しみがあります

3月にはディビジョン2の発売も控えているので気になる方はプレイしてみても良いのではないでしょうか

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介