親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

DUALSHOCK4背面ボタンアタッチメント(CUHJ-15017)レビュー

f:id:gameblogx:20200116194600j:plain

本日予約していたDUALSHOCK4 背面ボタンアタッチメントが届いたので早速開封して使用してみました

内容物

f:id:gameblogx:20200116195021j:plain

本体と紙の説明書が一枚といたってシンプル

取付方法

f:id:gameblogx:20200116195634j:plain

イヤホンジャック部分が可動するので、イヤホンジャックの部分を合わせ斜め上に上げるように入れると接続できます

ボタン設定方法

ディスプレイの下側がボタンになっておりそこを1秒長押しでボタン設定が可能です

写真のように表示されたら左右のボタンを押して設定したいボタンを選びます

f:id:gameblogx:20200116200423j:plain

その後ディスプレイのボタンをもう一度押すと選んだボタンが背面ボタンに設定されます

プロファイル切り替え

プロファイルは三つまで設定できます、切ディスプレイのボタンを二度押しで切り替える事ができます

f:id:gameblogx:20200116201407j:plain

それぞれのプロファイルでもボタン設定が可能です

使用感

私の手は成人男性の標準的な大きさだと思いますが、背面ボタン自体は絶妙な位置にあるように感じます

f:id:gameblogx:20200116202557j:plain

FPSでL2R2射撃だと中指が丁度ボタンの位置に来ます

これだと咄嗟の際にすぐ押す事ができます

L1R1射撃の方だと中指と人差し指の間にボタンが来る事になります

こちらの持ち方だと誤爆しにくく少し中指をズラすだけで押す事ができます

どちらの持ち方でも気持ちよく使えると思います

おすすめ設定

CoDだと右スティックから指を離さずジャンプできるように×ボタン

リロードキャンセル用に△ボタン

BFシリーズなら右ボタンに十字右、左ボタンに十字左でガジェットを使えるようにしても良いでしょう

APEX Legendsならジャンプと十字上ボタンを設定し、走りながら回復アイテムの切り替えや使用ができます

他にもスターウォーズバトルフロント2なら十字上、三人称視点での肩越しの左右切替などを割り当てても良いでしょう

クロウグリップの様な特殊な持ち方をしなくても上記の様な操作を簡単に設定できます

ヘッドセットも使える

f:id:gameblogx:20200116204241j:plain

下部に3.5mmイヤホンジャックが付いているのでそこに4極ヘッドセットを差し込むと使用する事ができます

充電方法について

f:id:gameblogx:20200116204551p:plain

DUALSHOCK 4 充電スタンドのように置いて下の端子から充電する充電器の場合、使用できなくなります

充電の度に外すのも面倒なのでマイクロUSBで充電する事になります

XIM APEXでも使用できます

マウスコンバーターXIM APEXでも使用可能です

認証用でも無線接続の操作用デュアルショック4でも使用可能です

キーボードを使用せず、左手デバイスとしてデュアルショック4を使用している場合

もう少しボタンがあれば良いのにと思う事も多い為、使用してみても良いでしょう

まとめ

今まで日本で販売されていた背面ボタンのあるコントローラーはnaconシリーズアストロ C40 TRゲームコントローラなどの数万する物しかありませんでした

それらはアナログスティックが純正と違う為、慣れるのに時間がかかり壊れた際のショックも大きなものでした

ですが、純正のアタッチメントという事で、慣れ親しんだデュアルショック4に手軽に背面ボタンが追加できるというのは大きなメリットです

しかも2980円+税という金額でコスパも良いとなればなおさらです

しかし現在、限定商品という事で品薄となっております

ソニーからの追加出荷がある事を祈るのみです