親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

HORIのタクティカルアサルトコマンダーG2を購入したのでレビュー

f:id:gameblogx:20190202160310j:plain

HORIのモンゴリアン型マウスコントローラー

タクティカルアサルトコマンダーG2(以下TAC G2)を購入しました

元々はXIM APEXに接続し、左手コントローラーとして使用する為に購入しましたが

単体でもレビューしたいと思います

開封・内容物

f:id:gameblogx:20190202160418j:plain

化粧箱に丁寧に梱包されています、内容物はG2本体、付属マウス、ハンドストラップとなっております

f:id:gameblogx:20190202160602j:plain

説明書は入っておらず箱裏に簡単な接続図が記載されているのみでした

説明書はメーカーホームページにpdfファイルであるのでダウンロードすると良いでしょう

接続方法

f:id:gameblogx:20190202160846p:plain

接続方法は簡単です、マウスをTAC本体のUSB端子に接続し

TAC本体をPS4のUSB端子に接続するのみです

f:id:gameblogx:20190202163644p:plain

その際に本体のスイッチは接続する機器に合わせてPS4/PS3/KBD各モードに変更しておいて下さい

専用アプリのインストール

スマホのBlueTooth通信を使用して設定します

Android及びiOSそれぞれストアから「HORI Device Manager」をインストールして下さい

f:id:gameblogx:20190202161540j:plain

最初にTAC本体と接続した際に、ファームウェアが最新で無い場合はバージョンアップが始まるので数分待ちましょう

f:id:gameblogx:20190202161643j:plain

設定方法

設定はかなり細かく設定できますし、各項目ごとに?をタップすると説明が出てきますので

初めての方でも設定はしやすい方だと思います

f:id:gameblogx:20190202163317j:plain
f:id:gameblogx:20190202163139j:plain
f:id:gameblogx:20190202163142j:plain

アプリを起動し、サーチをタップするとTAC本体と接続され二枚目の画像のようになりますので

表示されているTAC本体を選びます

すると自動的にプロファイルが読み込まれるので設定したいプロファイルをタップして下さい

f:id:gameblogx:20190202163905j:plain
f:id:gameblogx:20190202175720j:plain
f:id:gameblogx:20190202163911j:plain

このようにノーマルモード(腰撃ち状態)とADSモード(ADSした際の設定)が別々に設定できますので

過去のCoD作品のようにゲーム内でHip感度とADS感度を別々に設定できないゲームでも違和感なく使用する事ができます

f:id:gameblogx:20190202164155j:plain
f:id:gameblogx:20190202164159j:plain

キー配置についても細かく設定する事ができます

デフォルトの設定では右クリックでADSですが、左手のL2の位置にADSがある方が操作しやすい為変更してあります

自由に変更ができますので、色々と試してみて下さい

マウス側で使用できるボタンについて

この点については注意が必要です

使用できる社外マウスは説明書にも「HID準拠マウスが使用できます」と記載されており

マウスで設定できるボタンは「右クリック、左クリック、進む、戻る、ホイールボタン」のみです

多ボタンマウスを使用してもそれだけの数しか設定できません

ホイールスクロールに三角と四角を配置すると長押しの時に困りますが、本体側の人差し指で操作するボタンにそれを割り当てます、長押しの際はそちらを押す事で解決しました

ですのでTAC G2のみで使用する場合はG502やG402などの多ボタンマウスよりは

G403などの6ボタンマウスを使用すると良いでしょう

ウォークボタンなどその他の機能

f:id:gameblogx:20190202164932j:plain

ウォークボタン:左アナログスティックの入力を制限し、少し倒した状態を再現する物です

スナイプボタン:一時的に感度を低くします

クイックボタン:マウスを少し動かしただけで右アナログスティックが最大値入力されます

場面に応じて設定すると良いでしょう

使用するマウスについて

TAC本体付属のマウスは正直ダメです、このマウスでいくら設定をがんばっても無理でした

CS機でマウスを使う最大の利点は、ゲーム内感度最高を使用できる事だと思いますが

TAC側の設定が最低感度でもゲーム内感度を最大にすると動きが速すぎるのです

なぜか私の付属マウスは感度の変更ができなかった為、早々に箱にしまってしまいました

そこで手持ちのロジクールG402やG502HEROでDPIを400DPIに設定し試した所、十分動くようになりました

無線マウスのG603も接続してみましたが、最初の接続時に接続したりしなかったりで少し不安定な所があります

原因が分かるまで使用しない方が良いかもしれません

多ボタンマウスでサイドボタンをフルに使う

f:id:gameblogx:20190210212244j:plain

左サイドボタンが三つあるのでそれを最大限使える設定にします

後述する方法でG402には左サイドボタンに中央ボタン・戻る・進むを割り当てます

そうする事でサイドボタン三つを使用可能となります

サイドボタンに×、〇、四角をを割り当てます

スクロールアップに△、ダウンにR3を割り当てます

メインボタンは左クリックがR2、右ボタンがR1となります

G402の設定

f:id:gameblogx:20190210213208p:plain

ロジクールゲーミングソフトウェアを使用して

図の様にサイドボタンに、中央ボタン・進む・戻るボタンを設定します

そうする事で中央クリックを加えた三つのボタンが使用できます

TAC G2&ロジクールG402の動画

購入してすぐの動画なので設定も全然煮詰まっていませんがそれなりに動いているのが分かると思います

設定しだいでもっと良くなると思います

特にデッドゾーンの設定はマウス側とスティック側両方とも変更できるので

カクカクになる、という方はそこら辺を変更すると良いかもしれません

有線ヘッドセットも使用できます

TAC本体に3.5mm4極ピンプラグを差し込む事で有線ヘッドセットを使用する事ができます

f:id:gameblogx:20190202172955p:plain

私は以前よりキングストンの商品を愛用しており、安くても非常に良い商品です

TAC G2を使用するメリット・デメリット

通常のコントローラーから変更した際のメリットとデメリットです

メリット

1.エイムが良くなる(ただし設定を煮詰める根気と練習が必要)

2.ジャンプ撃ちなどがしやすくなる、モンハン持ちなど特殊な持ち方をしなくてもエイムしながらボタンを押す動作がができるようになる

デメリット 

1.メニュー画面等で操作がしづらい

2.デスク上にマウスパッドを置かなければならないのでスペースが必要

KBDモードについて

キーボードモードはPS4やPCで使用する際に、キーボードとして認識されます

f:id:gameblogx:20190203114011j:plain

PCだと左手コントローラーで右手マウスというモンゴリアンスタイルでプレイしようとすると

デバイスが交互に認識され不具合が出るゲームもありますが(例えばフォートナイトPC版)

PS4版フォートナイトでもマウスは直刺し、左手はTAC G2で問題無くプレイが可能となります

f:id:gameblogx:20190203114338j:plain
f:id:gameblogx:20190203114339j:plain

ボタン割り当て画面も上図の様に完全にキーボード仕様となり、マウスの感度設定もありません

PCで主にゲームをプレイする方達もモンゴリアンスタイルでプレイしたい方は購入対象となるのではないでしょうか

まとめ

実は私も2016年にタクティカルアサルトコマンダー for PlayStation 4を購入して失敗しており

今のTAC製品についてもあまりレビューや解説サイトも無く、Amazonなどの評価も低かったのであまり期待はしていませんでしが

なかなかどうして、十分動くというのが感想

恐らく、カクついて糞だ!と言っている方達は付属マウスでしか使っていないのではないかと思います

今回私が元々マウサーだった事もあり、ゲーミングマウスを使用した事で真逆の評価となったのだと思います

少し触っただけもこれなので設定を煮詰める事でもっと良くなる可能性もあります

合間を見て色々試してみたいと思います

詳しいBO4の設定記事をアップしました

よければ参考にしてみて下さい

マウスパッドも購入しましょう

マウスはマウスパッドでかなり性能が違ってきます

使用マウスと同メーカーで揃えた方が良いでしょう

私が今使用しているのは下記二点でG640rは動画でも使用しています