親父ゲーマーの備忘録

ファミコン世代の親父ゲーマーです

ロジクールG240t、XIM APEXでの使い心地をレビュー

f:id:gameblogx:20180812190503j:plain

ロジクールGシリーズのマウスパッドですが、私はハードタイプG440tしか持っていなかった為

他のロジクール製マウスパッドも使ってみたいと思い、G240tを購入しました

一週間程使用したので今使っている商品との比較、感想を陳べたいと思います

ロジクールG240t

サイズ (幅x奥行x高さ) : 340×280×1mm

低DPIでのマウスコントロール精度を向上したゲーミング専用大型マウスパッド

f:id:gameblogx:20180812182713p:plain

表面は熱処理繊維でツルツルでよく滑ります、ですがG440Rのように滑りすぎることもなく止めたいところでピタリと止められます

商品説明では「低DPIでの~」と謳っていますが、高DPI(G502 DPI12000)でも問題ありません

大きさはG440Rと同じでゲーミングマウスパッドとしては標準的な大きさです

ローセンシの方はもう少し大きな物が欲しくなるかもしれません

Razer Goliath Cosmic Mideumとの比較

私が愛用しているマウスパッドとの比較です、普段Largeモデルを使っていますが大きさが良く似ているMideumとの比較です

大きさはほぼ同じ、縦が少し大きく横が少し短いですがほとんど変わりません

表面はRazerの方は布っぽいですが、G240tの方はツルツルしたポリエステルのような素材で滑りはこちらの方が良く滑ります

f:id:gameblogx:20180812185051p:plain

厚みが薄いので少しでも凹凸がある場所に置くと影響が出るので、下に何も敷かず直接机の上に敷く方が良いでしょう

f:id:gameblogx:20180812184955j:plain

ラバーの滑り止めはこちらの方が良く効いており、プレイ後に手元を見ても元の位置から動いていません

f:id:gameblogx:20180812183533j:plain

まとめ

薄手のマウスパッドとしてコストパフォーマンスも高い良い商品だと思います

表面の滑りも良く、裏面の滑り止めも良く効いて動かない

なによりロジクール製品との相性も良い

それと一つポイントとしてカットして使用しても繊維がほつれにくい為、設置場所に合わせてカットして使っても良いと思います、Razerの物ではそうはいきません

薄手なので長期間の使用で波打ってくるというレビューもありましたが、マウスパッドは消耗品ですので買い替えるのをお勧めします

1000円台で購入できるので傷んだら買い替えて最適な状態でゲームを楽しみましょう

XIM APEXでのマウサー入門にも最適な商品だと思います

厚手のマウスパッドが好みの方はロジクールG640Rがラインナップされています

私もそのうち購入して試してみたいと思います

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介