親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

シージルールで学ぶPaladins基本システム解説(Switch版対応)

f:id:gameblogx:20180810195302j:plain

ニンテンドースイッチにて無料配信されているPaladins

カジュアルマッチでのシージルールを参考にしたシステムの解説です

シージルールはPaladinsの基本的なルールです

ランクマッチや大会もこのルールを採用しています

カジュアルシージをプレイするには

メイン画面から「プレイ」を選択し、「クイックプレイ」を選びます

f:id:gameblogx:20180810195911j:plain

クイックプレイの「シージ」以外の「襲撃」「チームデスマッチ」のチェックを外し「待機キューに入る」を押します

f:id:gameblogx:20180810195915j:plain

他のゲームモードは、「襲撃」は中央の拠点を奪い合う「ポイントキャプチャー」ルール

「チームデスマッチ」は規定のキル数の到達を競い合うルールです

勝利条件

ポイントキャプチャーした際に得るポイント、ペイロードでゴールへ到達した際に得るポイントで

合計4ポイントを先取したチームが勝利する

f:id:gameblogx:20180810195316j:plain

チャンピオン選択

マッチングが決まると、各自使用チャンピオン(キャラクター)を選びます

この際、自チームでのチャンピオン被り(同じキャラを複数人選ぶこと)はできません

早い物勝ちですが、ある程度ロール(役割)のバランスを考えて選びましょう

f:id:gameblogx:20180810195348j:plain

チャンピオンのロール(役割)

フロントライン:耐久力が高く、シールドスキルを持つ最前線で味方の盾になる

ダメージ:攻撃力が高く、相手に打撃を与える事を主目的とする

フランク:機動力やステルス能力が高く、奇襲や攪乱を得意とする

サポート:味方の回復を行うヒーラー、ビルドにより攻撃的に立ち回ることも可能

タレント(特殊能力)の選択

各チャンピオンに用意されている4種類のタレントから1つを選んで装備します

どのタレントも有用ですが、戦い方が大きく変わる物もありますので、事前にタレントの能力を把握しておきましょう

この時点で相手チームの構成も分かるのでそれらを参考にしても良いでしょう

f:id:gameblogx:20180810195416j:plain

最初は1種類しか選べませんが、チャンピオンのレベルが上がっていくにつれ選べるタレントが増えていきます

カスタマイズロードアウト(カードの組み合わせ)選択

カードによる能力の強化を行う事ができます、初期ロードアウトを使用するか

事前にロードアウトを作成しておきましょう

f:id:gameblogx:20180810195521j:plain

作成はメインメニューの「チャンピオン」から各チャンピオンを選び「カスタマイズ」タブを選ぶことで行えます

全16枚の中から5枚までを組み合わせて装備します

f:id:gameblogx:20180810195502j:plain

カードは大きく分けて4つのカテゴリーに分類され、各カテゴリーに4枚ずつ存在します
「基本スキル3種の性能をそれぞれ強化するカード」と「その他の能力を強化するカード」という分類になっています

カードはそれぞれLV1~LV5まで設定することができ、LVが高い程効果が大きくなります

5枚のカード合わせてLV15まで上げることができます

タレントと組み合わせや、自分の得意な立ち回りに合わせてロードアウトを作成しましょう

試合開始前にアイテムを購入しよう

試合開始前や、リスポーン時にアイテムを購入することができます

f:id:gameblogx:20180810195540j:plain

ディフェンス、ユーティリティ、ヒーリング、アタックと4つのラインがあり同じラインの物を二つ購入することはできません

アイテムを購入するクレジットはゲーム内でロールにあったプレイをする事で貯まっていきます

相手の構成や戦術に合わせて購入していきましょう

例えば、相手のフロントラインが設置物を使うイナラだった場合は、設置物ㇸの攻撃力がが上昇するBulldozerを購入

シールドを使うフェルナンドや、トルヴァルドならシールドへの攻撃力が上昇するWreckerを購入するといったように使い分けましょう

試合中にアイテムを購入し状況に合わせて能力を強化できる、このシステムはPaladinsの大きな特徴です

ラウンドが開始したらまず中央のポイントをキャプチャーしよう

まずはマップ中央のポイントを押さえます、99%まで自軍がゲージを貯めるとオーバータイムとなり一定時間後ポイントキャプチャーとなります

f:id:gameblogx:20180810195559j:plain

その時点でキャプチャーしたチームに1ポイントが入ります

ポイントにペイロードが出現し、ポイントキャプチャーしたチームが攻撃側となり

反対にキャプチャーされたチームは防衛側となりペイロードルールに移行します

f:id:gameblogx:20180810195612j:plain

ペイロードをゴールに押し込め

ペイロードは近くに攻撃側チームのチャンピオンがいる時は前進し、防衛側チームのチャンピオンがいる時は少しづつ後退していきます

ただし、何方のチームのチャンピオンもいる時は停止します

攻撃側は相手ゴールにペイロードを押し込む事が目的

f:id:gameblogx:20180810195630j:plain

防衛側は時間内それを阻止する事が目的です

それぞれが目的を達成すればチームに1ポイント入ります

ただし、防衛側は勝利に必要な4ポイント目を得る事はできません

最後は必ず、攻撃側で終える必要があります

シージルールの解説は以上です

f:id:gameblogx:20180810195645j:plain

試合で貯めたポイントでチャンピオンをアンロックしよう

初期開放チャンピオンは5人だけですが、試合で得たポイントでアンロック(解放)する事ができます

f:id:gameblogx:20180810195735j:plain
f:id:gameblogx:20180810195707j:plain

アンロックに必要なポイントはチャンピオンによって違います、基本的に後から追加されたチャンピオン程高額となっています

他にはクリスタル(有料)を購入し、アンロックする事もできます

38人いるチャンピオンを無課金でアンロックするのはけっこう大変です

このゲームが気に入ったなら思い切って課金するのも良いと思います

Paladinsカテゴリー記事一覧、Switch版初期開放チャンピオン解説もあります

Paladinsというゲームについて

そもそもPaladinsというゲームはPS4では日本のストアでは配信されていません

日本ストア初上陸がNintendo Switchということで発表された時はびっくりしました

どのようなゲームかというとオーバーウォッチと同じく、5vs5のヒーローシューター物ですが、オーバーウォッチと比べても非常にぬるく私は気に入っています

良い点を挙げてみると

1.ヒーローごとの相性がそこまで明確で無い

2.自動回復がある

3.カードを使ったビルドやタレント(試合開始前に選ぶ特殊スキル)によってさまざまなビルドがあり、同じキャラでも使用感を変えることができる

f:id:gameblogx:20180527180318j:plain

4.上記の1と2の点により編成をそこまで気にする必要が無い、総じてカジュアル向き

ちなみに基本無料ですので気軽に始められるのも良い所です

本当に面白いゲームですのでNintendo Switchをお持ちの皆さん(もちろんPS4をお持ちの方も北米アカウントを所得して)この機会にぜひ、どうですか?