親父ゲーマーの備忘録

ファミコン世代の親父ゲーマーです

Paladins Switch版初期開放キャラ別解説(ダメージVIKTOR)

f:id:gameblogx:20180806194732j:plain

ニンテンドースイッチにて無料配信されているPaladinsの初期開放キャラ

ダメージVIKTOR(ビクター)の解説です

注意:今回からPS4版の画像を使用していますがSwitch版とゲーム内容は同じですのでご安心下さい

キャラクターの特徴

ロール:ダメージ 基本HP2200

ビジュアルが一新されおっさんからイケメン化したFPSおじさんことVIKTOR

普通のFPS慣れした方なら一番しっくり来るキャラクターです

スプリントでの強襲、遊撃からフラググレネードで纏めて吹き飛ばしたり

サイトを覗き込む(ADS)事で中距離以遠でも継続してダメージを与えていけます

アビリティ(カッコ内はPS4でのボタン)

ZR(R2) アサルトライフル

f:id:gameblogx:20180805100708p:plain

攻撃属性:ダイレクトダメージ

腰だめでは拡散するがADSする事で遠距離の敵にも継続してダメージを与える事が可能

ただし遠距離では距離減衰が激しいので注意

ZL(L2) アイアンサイト

f:id:gameblogx:20180805101028p:plain

サイトを覗き込む事で弾丸のバラツキを抑える

その代わり移動速度が50%低下するのでそこを狙われないように注意

正確な射撃を叩き込んでいこう

R(R1) ハッスル

f:id:gameblogx:20180805101257p:plain

俗に言うスプリント、移動速度が上がる

戦場を駆け回り、敵の不意を突こう

L(L1) フラググレネード

f:id:gameblogx:20180805101244p:plain

約2秒後に爆発するグレネードを投げる

範囲ダメージな為、シージ周りなどオブジェクト周辺の攻防で威力を発揮

アルティメットスキル X(△) 弾幕砲火

f:id:gameblogx:20180805101628p:plain

スキルを発動するとスコープを取り出しターゲットした相手に1400ダメージの爆弾を落とす(屋内にも落ちてくる)

3発あるのでそれぞれ別の敵をターゲットする事も可能

相手はほぼ回避不能、移動スキルを瞬時に使われると回避される可能性もあるが狙って行うのはまず無理である

範囲ダメージの為、敵が固まっていたらチームキルも狙える

その為かトッププレイに選ばれる事もしばしば

ただしスコープを取り出した後は移動がほとんどできない為、そこを狙われる事も多い

取り出したら即3発撃つのが良いかもしれない

タレント

タレントとは試合開始時に一つだけ選ぶ事ができる特殊能力のような物です

どれも有用な物でキャラクターの方向性をかなり変える事ができます

f:id:gameblogx:20180805102327p:plain

砲術

アイアンサイトを使用中はダメージが15%増加する

単純にダメージ量が増加します

カーディオ

ハッスル発動中は毎秒250HP回復する

ダメージを受けた際に自動回復までまたずとも回復する事ができる為、速やかに前線に復帰する事ができます

榴散弾

フラググレネードのAOE(ダメージ範囲)を40%増加させ、さらに200のダメージを与える

範囲とダメージを増加させます、フラグ関連のカードと合わせる事でさらに脅威となるでしょう

銃撃戦

腰撃ち発動中はダメージ量が30%増加する

近距離での戦闘が多い立ち回りの方は砲術よりこちらの方が良いでしょう

カスタマイズ(初期ロードアウト デモリションマン)

カードを使用する事によって自分の好みののアビリティや能力を伸ばす事ができます

f:id:gameblogx:20180805103111j:plain

初期ロードアウトのデモリションマンを見てみましょう

f:id:gameblogx:20180805103257j:plain

反射神経LV3

アイアンサイトの展開速度が45%上昇する

グレネーダーLV3

フラググレネードを当てた敵一人につき、クールタイムを3秒短縮する

活発LV3

フラググレネードを作動させている間は、移動速度が45%上昇する

特大マガジンLV3

弾数を6増加する

ホットポテトLV3

フラググレネードの起爆時間を30%短縮する

 

お気づきとは思いますが初期ロードアウトは全てLV3で設定されています

全てのカードのレベル合計が15になるように組み合わせます

あまり必要が無いと思われるカードも含まれておりますので

自分流にカスタマイズしてみます

カスタマイズ(特大マガジン)

少し変更してみました、初期と同じくフラググレネードを中心としたカスタマイズです

f:id:gameblogx:20180805104100j:plain

ホットポテトLV4

フラググレネードの起爆時間を45%短縮する

解説:フラググレネードは起爆まで2秒あり、アイコンが表示される為避けられることがあります、素早く起爆する事で相手に逃げる暇を与えません

グレネーダーLV3

フラググレネードを当てた敵一人につき、クールタイムを3秒短縮する

解説:フラググレネードはクールタイムが8秒と比較的長いので固まった敵に投げつける事で次弾を素早く投げる事ができるようになります

スクランブルLV3

ハッスル発動中は15%のダメージ軽減を得る

解説:逃走する際のダメージを軽減する事で倒されにくくなり前線に留まり続ける事ができます、強襲をかける際にも有用です

特大マガジンLV4

弾丸を8発増加する

解説:マガジンが増加する事でリロードを挟まず継続してダメージを与える事ができる

下記のスピード装填と合わせてかなりの継戦能力を得る事ができる

スピード装填LV1

キル又はエリミネーションの際、弾薬を6発得る

解説:エリミネーションとはダメージを与えた相手が他の味方にキルされる事

キルに関与した際に弾丸が6発装填されるのでリロードの手間が省けるので積極的に弾をバラまいていこう

 

立ち回り 

所得タレントは榴散弾

立ち回りは単純、使用可能になったらフラグを投げつけアサルトライフルで弾丸をバラまきダメージを稼ぐ

キルに関与する事で弾丸が増える&大容量マガジンでリロードの隙も少ないので積極的に前線に出ていこう、ただし瞬間火力は無いので無理は禁物

Paladins唯一のスプリント持ちなので戦線が硬直した際には横から強襲をしかけたり

フランクに襲われたサポートの救援にと走り回る必要もあります

タレントはどれも有用な物ですし、VIKTORの場合は大きく立ち回りを変えなければならない物でもありません

一度プレイしてみて自分に合ったカスタムやタレントを見つけてみるのもPaladinsの大きな楽しみです

他の人のカスタマイズも参考にして、戦い方を想像してみても良いでしょう

プレイ動画

他のキャラクターの解説

Paladinsに関する他のキャラクターの記事を参考にして下さい

シージルールを使ったPaladinsシステム解説

Paladinsというゲームについて

そもそもPaladinsというゲームはPS4では日本のストアでは配信されていません

日本ストア初上陸がNintendo Switchということで発表された時はびっくりしました

どのようなゲームかというとオーバーウォッチと同じく、5vs5のヒーローシューター物ですが、オーバーウォッチと比べても非常にぬるく私は気に入っています

良い点を挙げてみると

1.ヒーローごとの相性がそこまで明確で無い

2.自動回復がある

3.カードを使ったビルドやタレント(試合開始前に選ぶ特殊スキル)によってさまざまなビルドがあり、同じキャラでも使用感を変えることができる

f:id:gameblogx:20180527180318j:plain

4.上記の1と2の点により編成をそこまで気にする必要が無い、総じてカジュアル向き

ちなみに基本無料ですので気軽に始められるのも良い所です

基本チャンピオン以外はアンロックが必要ですが、無料でもプレイし続けることで少しずつアンロックできますのでご心配なく

f:id:gameblogx:20180527180245j:plain

本当に面白いゲームですのでNintendo Switchをお持ちの皆さん(もちろんPS4をお持ちの方も北米アカウントを所得して)この機会にぜひ、どうですか?