親父ゲーマーの備忘録

ファミコン世代の親父ゲーマーです

PS4への宅内LAN配線を見直す

f:id:gameblogx:20180915092802j:plain

BFVベータをプレイしていた際に、近所に住むリアフレ(プロバイダやプランも全て同じ)が同サーバーでプレイしていたのですが

彼がPing20前後、私が60~80だったのでおかしいと思っていましたが

f:id:gameblogx:20180915093657j:plain

先日、PS4システムソフトウェアVer6.00へアップする際に異常にダウンロードが遅く

それを切っ掛けに宅内LAN配線を見直してみました

速度低下の原因はすぐ見つかりました

回線終端装置(ONU)一体型の「ひかり電話ルータ」PR-400NEから無線ルーターNEC Aterm WG2600HP2まで接続していたLANケーブルの不良による物でした

f:id:gameblogx:20180915094058p:plain

某国内メーカーのCAT6対応フラットケーブルです、これを通常のCAT6UTP仕様のLANケーブルに変更する事で問題が解決しました

しかし、この際一番重要なPS4への接続しているLAN配線を見直す事にしました

近年、一般家庭でも無線LANや家電製品へのインバータの普及によりノイズ対策が必要となってきています

そこでLANケーブルはノイズ対策がされているCAT6A以上の物を選びました

f:id:gameblogx:20180915090638p:plain

CAT7になると値段もグッと高くなりますし、本格的なノイズ対策の必要な工場等で使うわけではありませんのでCAT6Aの物で十分だと思います

というわけで私が購入した物はこちら

ONUからルーターで3mの物を1本、ルーターからHUBへもう1本、HUBからPS4へ1mの物を1本と計3本購入しPS4への経路は全てCAT6Aへ取り替えました

結果、ゲーム内でのPingも非常に安定しており気持ち良くゲームをプレイする事ができています

購入してから思いましたが、あまり頻繁に取り換える物でもない為少々高くてもCAT7以上の物にしてもよかったかなぁ、と後悔しております

何かの機会にまた考えてみても良いかもしれません

参考までにこちらがエレコムのCAT7LANケーブル、値段がだいぶ違いますが数年使える物なのでこちらにしといたらよかった

フラットケーブルは便利で私もよく使っていましたが、たまたま不良だっただけだと思いますが

今回の件でもうフラットケーブルを買う事は無いでしょう

普段なにげなく使っているLANケーブルも色々と種類や規格があります

機会があれば一度ご自分が使っているケーブルの仕様を確認してみるのも良いのではないでしょうか?

私が使っている無線ルーターです、速度・安定性ともに高いNECの傑作ルーターです

この商品の詳しい解説記事はこちら

LAN用HUBはこちら、1Gbps対応の5ポートスイッチングHUB