親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

VenomXゲーム別設定紹介

f:id:gameblogx:20180817134322p:plain

以前の記事にも書きましたが、私はXim4の前にVenomX V3というマウスコンバーターを使用していました

その記事が案外アクセスがあるので、まだVenomXを使用している人向けに私の設定を紹介したいと思います

V4も設定画面を見ると内容も同じような物なので、同様の設定で大丈夫だと思います

使用デバイス

マウス:ロジクールG502 DPI4000

マウスパッド:Razer Goliath cosmic Midium

左手コントローラーのモンゴリアンスタイルです

VenomX設定のコツ

プロファイルは1つ設定して、ゲーム内設定で感度を調整する

最近のゲームはHipとADSの感度をゲーム内で設定できる物が多く、ゲームを切り替えた時にVenomX側のプロファイルを切り替える手間が省ける

基本の設定はこちら

f:id:gameblogx:20180817125307p:plain

Mouse Speed:2.0

Aim Down Sight Speed:1.0

Non Venom-x Mouse DPI:4000

Y/X Ratio:1.6

この基本設定を元にゲーム内設定を行います

APEX Legends

APEX Legendsは別記事で解説してあります、参考にしてみて下さい

フォートナイトバトルロイヤル

f:id:gameblogx:20180817175722j:plain

VenomX側の基本設定を元にゲーム内設定で調整した値です

X/Yレシオに違和感がある場合はゲーム内設定で調整しても良いでしょう

ターゲットはADS(ズーム)した際の感度です

スコープ使用時はスナイパーライフルなどのスコープを覗いた時の感度です

こちらも実際のプレイで確認しながら調整して下さい

このようにゲーム内で細かく調整ができるゲームは設定が楽です

バトルフィールド1

f:id:gameblogx:20180817130054j:plain

VenomX側の基本設定を元にゲーム内設定で調整した値です

実際に空きサーバーで照準を動かしてみてスティック感度、ズーム感度を調整します

その後、右スティックセンターデッドゾーンを調整します

デッドゾーンとは、スティックの遊びの事です、マウスをゆっくり動かしてみて動き出す点を見つけ自分に丁度良い値を選びましょう

私はデフォルトの22から2下げ、20で設定しました

そこまで設定できたら、実際にオンラインプレイを行いゲーム内感度の微調整を行ってください

スターウォーズバトルフロント2

f:id:gameblogx:20180817221550j:plain

VenomX側の基本設定を元にゲーム内設定で調整した値です

ズーム感度はADSした時の感度

感度(兵士)はHip感度です

スティックのデッドゾーンは21で丁度良いでしょう

最近のEAのゲームは大体Hip感度とADS感度を別々に調整できます

オーバーウォッチ

f:id:gameblogx:20180817130737j:plain

VenomX側の基本設定を元にゲーム内設定で調整した値です

照準テクニックは必ず指数ランプに設定して下さい

エイムスムージング、イーズインは共に0で設定しています

f:id:gameblogx:20180817131157j:plain

ウィドウメーカーやアナの様なエイムしてスコープを使うキャラクターは

ヒーロー毎の設定でエイム感度を調整しましょう

コールオブデューティ:ブラックオプス3

さて、問題はこういったHipとADSが別々に調整できないゲームです

特にCoDはHipに比べADS感度が極端に低い為、Venom側の設定を変える必要があります

Mouse Speed:1.0(最低)

Aim Down Sight Speed:2.5(最高)

Non Venom-x Mouse DPI:6000(マウス側のDPIより上げる)

上記の様に設定する事で、実質的なMouse Speedを1よりも小さくする事ができます

(上記の例ならMouse Speed0.66という計算になります)

f:id:gameblogx:20180817134543j:plain

ゲーム内設定は水平・垂直感度を最高の14に設定します

これでVenom側のMouse Speedを抑える事で、Hip感度が極端に早くならず

ADS Speedを最高まで上げる事でエイム時の感度を確保する事ができます

Xim4やApexだとADS側の感度に限界が無い為、このような方法を取らずに済みますが

Venomではこのように設定する必要があります

HipとADS感度がしっくりこない場合はVenom側のNon Venom-x Mouse DPIの数値を増減して調整してみて下さい

コールオブデューティ:ワールドウォー2

こちらもVenom側はBO3と同様に設定します

ただし、WW2の方が感度14の最大速度が若干早いような気がするので

Non Venom-x Mouse DPIを6000より上げてもいいかもしれません

早いと思ったら数値を上げ、遅いと思ったら逆に数値を下げてみて下さい

ゲーム内感度は水平・垂直共に最大感度14で良いと思います

f:id:gameblogx:20180817180519j:plain

コールオブデューティ:インフィニットウォーフェア

Venom設定はBO3、WW2と同様

最高感度20にするとかなり早いのでゲーム内感度を下げるか、WW2のようにVenom側のNon Venom-x Mouse DPIを6000より上げてもいいかもしれません

私はゲーム内感度を少し下げて17に設定しました

f:id:gameblogx:20180818102753j:plain

縦への動きが大きいゲームですし、X/Yレシオが他のゲームより低いような気がしますのでVenom側で上げるか

ゲーム内感度で垂直方向を上げても良いかもしれません

コールオブデューティ:モダンウォーフェアリマスタード

こちらはエイムシステムがIWと同じ物のようですので、設定はIWに準じます

X/Yレシオはこちらは縦への動きも少ないのでそのままでも良いかもしれません

ゲーム内感度も同様に17で設定しました

f:id:gameblogx:20180818103134j:plain

タイタンフォール2

f:id:gameblogx:20180818103249j:plain

VenomX側の基本設定を元にゲーム内設定で調整した値です

感度(エイム時)は感度と同じに設定していますが、変えたい場合はエイム感度のみ変更してみて下さい

反応曲線は必ず安定型で設定して下さい、他の設定では素直に動きません

縦への動きが大きいゲームですし、X/Yレシオが1.6では足らない場合はVenom側で設定を変えてみて下さい

コールオブデューティ:ブラックオプス4

先日発売されたばかりのBO4ですが、基本設定は他のCoDシリーズと同様です

ゲーム内感度は少し落として水平・垂直共に12に設定しました

Non Venom-x Mouse DPIの数値をもう少し上げて14にしても良いかもしれません

この設定での動画です、参考にしてみて下さい

f:id:gameblogx:20181022200442p:plain

CoD:MWベータ(2019年9月21日)

現在ベータテストが開催されているCoD:MWでも使ってみました

Venom側設定はこちら

f:id:gameblogx:20190921153916p:plain

使用マウスはG502HERO DPI4000で、ゲーム内感度は水平垂直共に15に設定しました

Venomなので加速がきついので慣れが必要ですが十分使用できると感じました

この設定での動画がこちら

まとめ

VenomXも設定しだいで十分快適に使用できます、実際私も2年近く愛用していました

今回、改めて使用してみてキビキビ動く良いコンバーターだと思います

現在はV4となり、マウスやワンドの品質も良くなっているようです

これを買えば一通り揃う為、トータルの導入コストは低くなっています

それに実際まだまだ現役でVenomXを使っている方も多いと思います

少しでも参考になれば幸いです

このゲーム以外にも設定を随時記事に追記していきますのでお楽しみに

 

 

2018年3月発売、今最もお勧めするマウスコンバーターです

 

XIMAPEXに関する記事一覧です

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介

PS4 BF1 Overwatch Callofduty blackops3 starwars battlefron2 iw mw tf2