親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでPS4版PUBGをプレイする

f:id:gameblogx:20181208221742j:plain

PS4版PUBGがついに発売されました

本日(12月14日)PS4用の設定も配信開始されましたので、設定方法を紹介したいと思います

使用デバイス

マウスはロジクールG502HERO DPI4000 ポーリングレート500hz

マウスパッドはロジクールG640r

左手DS4のモンゴリアンスタイル

ゲーム内設定

f:id:gameblogx:20181208213141j:plain

コントローラーボタン設定プリセット:タイプB

右スティックのデッドゾーン:10(デフォルト)

一般状態での感度:20

車両運転時の感度も上げておくと、周辺を見渡すのが楽になるので調整するのがおすすめです

f:id:gameblogx:20181208220015j:plain

肩越し視点時におけるマウス感度:20

ADS時の感度:任意で設定します、トレーニング場で各サイトを銃にセットし各種スコープで設定して下さい

f:id:gameblogx:20181208213505j:plain

コントローラーボタン設定でタイプBを選択した理由は、L2でのADSが一般的なFPSと同様のホールドで一人称視点となるためです

これでXIM側の設定が容易になります

XIM APEX設定

XIM APEXはエキスパート設定を有効にし、レスポンスレートは500hz

STはPUBGのPS4用を使用します

Hip側
f:id:gameblogx:20181214190129j:plain
f:id:gameblogx:20181208214048j:plain

PS4版PUBGは現在30FPSで動作しているようです

そこで同期はスローを使用します

弾道エディターはそのままリニア(デフォルト)で使用しています

ADS側
f:id:gameblogx:20181208214620j:plain
f:id:gameblogx:20181208214633j:plain

有効化キーはL2ボタンを設定します、こちらも同期はスローを使用

XIM側の感度は等倍ADSで設定し、数値を決めてからゲーム内設定の各スコープ倍率の感度を調整するのが良いでしょう

弾道エディターはHip同様リニアで設定します

f:id:gameblogx:20181208220117j:plain

ADS側ですが継承の個所のチェックを外します

これでADS使用時はHip側と違うボタン設定を行うことができます

コントローラータイプBではL2エイムでL1がスナイパーライフル使用時の「息止め」動作となるので

モンゴリアンスタイルでのプレイ時にはエイムしながら息止めは非常に難しくなってしまいます

そこでADSした時のみ右クリックで息止めを行えるように設定します

各種スコープ感度調整動画

このようにトレーニングで最初にXIM側のADS感度を等倍で調整してから

各スコープを付け替えながらゲーム内感度を調整して下さい

まとめ

数試合プレイしましたが、快適にプレイできました

最高でも3位でドン勝とは行きませんでしたが・・・

感度やスコープ毎の数値は今後プレイを重ねて調整して行きたいと思います

ゲーム自体も30FPSということでガクガクだったり等心配しましたが、XboxOneでの初期ビルトよりも安定しており十分楽しめます

待ちにまったPUBGという方もいると思います、楽しんでいきましょう

XIM APEXで設定しましたが、XIM4でも同様の設定でプレイできると思います

ヘッドセットも準備しましょう

このゲームは音がとても重要になってきます

壁越しにも敵の足音が聞こえたり、発砲音の方向も分かりある程度索敵ができます

ステレオのヘッドセットでも十分方向は分かるので、持っていない方は購入してみてはいかがでしょうか

下記記事にてXIM APEXと併用できるヘッドセットの紹介も行っています