親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでロジクールG502HEROを使う

f:id:gameblogx:20181019194500j:plain

XIMAPEXやPS4で使用する為にG502の新型モデル「ロジクール G502 HERO」を購入しました

G502RGBは所有していますが、ロジクールの次世代センサー「HERO16K」を試してみたかったからです

今回はG502 HEROの詳しい仕様や使い勝手とXIM APEXの相性を確認しレビューしてみたいと思います

基本スペック

G502RGBとの比較表で確認します

f:id:gameblogx:20181016131020j:plain

G502HEROとの大きな違いは搭載センサーです、HEROでは新しいHERO16Kセンサーが搭載されています

大きさや重さ等はまったく同じです

内容物

マウス本体、重り、保証書、簡単な説明書

f:id:gameblogx:20181019194638j:plain

ロジクール次世代センサー「HERO16K」

f:id:gameblogx:20181016132447j:plain

HERO16Kとはロジクールの新型センサーHEROの第二世代モデルです

先日発売されたG Pro ワイヤレスでも同様のセンサーが採用されており、PCプロゲーマー達からも高く評価されています

その他現行モデルからの変更点について

クリックの耐久値が5000万回以上と使用しているスイッチも変更されているようです

保障期間が短くなっていますが2年でも十分な長さですし、ロジクールの補償期間は最近のモデルでは2年となっていますので問題無いと思います

公式サイトではオンボードプロファイルが5つとなっていますが、実物で確認すると従来モデルと同じ3つでした

公式サイトが間違っているのかどうかわかりませんが、要確認ですね

f:id:gameblogx:20181019195248p:plain

マウスの大きさ、握りやすさについて

大きさはまったく同じ、握った感触や重さも同じ

センサー位置も同じで今までG502を使用していた方なら違和感なく変更ができます

f:id:gameblogx:20181019202125j:plain

ロジクールのロゴがHEROモデルは角ばっています

ケーブルが改良されている

以前のモデルの布巻ケーブルですが、しばらく使っていると固くなってきてしまう事がありましたが

G502HEROのケーブルは改良されており、細く非常に柔らかくマウスを動かした際に抵抗になるような事もありません

f:id:gameblogx:20181019195434j:plain

左側がHEROモデルです、細くなっているのが分かります

XIM APEXへの接続

従来モデルと同様にUSBハブに刺すだけで使用できます

余談ですがマウスのUSB差し込み口にもGのロゴが入っています

f:id:gameblogx:20181019200004j:plain

認識されると下図の様に「G502 HERO」と表示されます

f:id:gameblogx:20181019200134p:plain

手持ちマウスパッドとの相性

Razer Goliathus Cosmic (Speed)

f:id:gameblogx:20181019200235j:plain

今回のマウスパッドで唯一の他社製品ですが、結論から言うとまったく問題ありません

素直に動かした分、動くといった感じで素早く動かした時もピタリと照準が合います

LODも短く、ほとんど変わりなくプレイする事ができます

ロジクールG240t

f:id:gameblogx:20181019200446j:plain

同メーカー製で相性はすこぶる良いです

スルスルと気持ちよく照準を動かす事ができます

LoDも殆ど無く、持ち上げた際にカーソルが動くこともありません

薄手の布製マウスパッドが好みの方はこれで良いと思います

個人的に手持ちの三種類の中ではこれが一番良い感触でしたので、メインのマウスパッドをこちらへ変更しようと思います

ロジクールG440t

f:id:gameblogx:20181019200556j:plain

ロジクール製のハードパッドです、よく滑りますがG502の大きさや重さもあってか止めたいときに止められます

照準の動きも素直に動き、LoDもG240t同様まったく気になりません

マウスパッドに関しては上記三点から「厚手の布製」「薄手の布製」「ハードパッド」と自分の好きな物で良いと思います

厚手の布製でしたらロジクールならG640Rもありますので、そちらでも良いかもしれません

ダイソーの100円マウスパッド「おおきなマウスパッド」

f:id:gameblogx:20181019202519j:plain


番外編ですが、他のゲームをしないPCで使っているダイソーの100円マウスパッドです

これが意外に良い、滑りも適度に良く止めやすい

トラッキングも良好でもう少し大きければ常用しても良いレベルです

以前のPMW3366搭載モデルだとサーフェイスキャリブレーションを行っても、このマウスパッドだと思うように動いてくれませんでしたが

HEROモデルだと素直に動いてくれます

DPI4000と16000で試す

以前から私はG502RGBでもDPI4000で使用していました

そこでXIM側感度を4分の1に設定し、理論上同じ感度にしてDPI16000を試してみました

結果としては良好、特に動きすぎたり手ブレが酷くなったりという事もありません

巷ではエイムアシストにも影響を与えるとの話もありますが、あまり感じ取れませんでした

 

まとめ

ロジクールの次世代センサー「HERO16K」ですが、素晴らしいセンサーです

G502等に搭載されているPMW3366はセンサーキャリブレーションによってどんなマウスパッドでも最高の性能を引き出せますが

このHERO16Kセンサーはそのような機能が無くても、どのマウスパッドでも最高の性能を引き出す事ができます

LoD(リフトオフディスタンス)も総じて短く、マウスを持ち上げて下す際の照準のブレも起きにくく使っていて本当に気持ちがいい

元がG502なのでボタン数も十分、モンゴリアンスタイルでの使い勝手も素晴らしい

他のマウスパッドとの相性等気になりますが、おそらく何にでも合うのではないでしょうか

XIM APEXでの使い心地も良く、素直に動きます

G502の新型が発売されたという事で、今後数年はモンゴリアンスタイルで選ぶマウスで悩む事が無くなったと考えて良いと思います

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介