親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでロジクールG502WL(ワイヤレス)を使う

f:id:gameblogx:20190518234059p:plain

XIMAPEXで使用する為に、G502最新モデル「G502 LIGHTSPEED ワイヤレス ゲーミングマウス」を購入しました(以下G502WL)

G502は初代・RGB・HEROと所有しており、これで四個目です

有線モデルHEROで「HERO16K」の実力は分かっており、G703や603でロジクールの無線技術の高さは実感していたので日本発売日発表と同時に予約しました

今回はG502WLの詳しい仕様や使い勝手、XIM APEXの相性を確認しレビューしてみたいと思います

基本スペック

大きさ:H132mm W75mm D40 mm

重量:114 g(マウスのみ)追加最大16 g

使用センサー:HERO

DPI:100~16,000DPI

最大加速/速度:40G/400IPS

レポートレート:1000 Hz (1ms)

ワイヤレステクノロジー:LIGHTSPEEDワイヤレス

バッテリー駆動時間(連続使用時)

デフォルトのライティング:最長48時間 ライティングなし:最長60時間

POWERPLAY対応

オンボードメモリ搭載

保証期間:2年間無償保証

基本的な仕様はHEROと変わりません、特に自分が良いと感じた所はバッテリーの駆動時間でしょうか

ライトを付けた状態でも48時間、消せば60時間持つということで一日6時間使用しても一週間は充電無しでプレイできます

無線のしかも専用バッテリーのモデルで充電のストレスが無いというのは本当に素晴らしいと思います

内容物

マウス本体、レシーバー、延長アダプタ&ケーブル、アクセサリーケース、ウェイト2gx4 4gx2、説明書及び保証書一式

f:id:gameblogx:20190530195357j:plain

LIGHTSPEEDワイヤレス

f:id:gameblogx:20190519190536p:plain

ロジクールのLIGHTSPEEDワイヤレスを採用しており、無線マウスでとかく問題となりがちな遅延がありません

ワイヤードと比較しても遜色ない性能です

同技術を採用したPROワイヤレス ゲーミング マウスは多くのPCプロプレイヤー達も愛用しています

マウスの大きさ、握りやすさについて

大きさはまったく同じ、握った感触も同じです

センサー位置も同じで今までG502を使用していた方なら違和感なく変更ができます

重量はワイヤレスモデルの方が軽く(HERO121gに対してWLは114g)なっております

f:id:gameblogx:20190530195446j:plain

左がWL 右がHERO

マウス設定

f:id:gameblogx:20190525200654p:plain

G502WLは従来のロジクールゲーミングソフトウェアではなく新しいソフト「ロジクールGハブ」に変更されています

こちらをPCにインストールしてから設定して下さい

f:id:gameblogx:20190530195615p:plain

まずデフォルトのボタン設定を行います

f:id:gameblogx:20190530195604p:plain

続いてDPI設定を行います

f:id:gameblogx:20190530200422p:plain

その後右上のギアマークをクリック

f:id:gameblogx:20190530200523p:plain

オンボードメモリモードをオンにします

f:id:gameblogx:20190530200227p:plain

スロット1に先ほど設定したデフォルト設定を割り当てます

f:id:gameblogx:20190530200542p:plain

これでオンボードメモリのスロット1に先ほどのデフォルト設定が割り当てられました

ここまでできたら一度レシーバーをPCから取り外し、XIM APEXへ接続します

GHUBでの設定方法が非常に分かりづらいので動画で説明してあります

XIM APEXへの接続

USBハブにレシーバーを差し込みます

f:id:gameblogx:20190530194909j:plain

認識されると下図の様に「USB Recever ###Hz」と表示されます、Hzの欄はマウスで設定しているレポートレートです

f:id:gameblogx:20190530194956p:plain

延長&充電用にUSBケーブルも付属しているのでレシーバーをマウスの近くに設置しても良いでしょう

XIM側でボタンを設定し、動作するか確認して下さい

手持ちマウスパッドとの相性

参考までにHEROモデルの記事を紹介しておきます

ロジクールのG240tやG640R、Razerと100円ショップのマウスパッドでHEROセンサーの使い心地をレビューしています

同じセンサーを使用しているという事で参考にしてみて下さい

ホイール形状が一部違います

ホイール部分が金属製からプラ製に変わっています、回した際の感触は若干軽くなっているように感じました

軽量化の為の変更だと思います

f:id:gameblogx:20190530195141j:plain

ロジクールPOWER PLAYにも対応

f:id:gameblogx:20190519191824p:plain

別売りとはなりますが、ワイヤレス給電システム、ロジクールPOWER PLAYにも対応しています

これを利用する事で充電の為、ケーブルを接続する必要が無くバッテリー残量を気にする必要も無くなります

モンゴリアンスタイル完全無線化が可能

f:id:gameblogx:20190530204103j:plain

操作用DS4やキーボードも無線化してしまえば、何処にでも持ち運びしやすくプレイスタイルを選びません

リビングのテレビ等でプレイしている方も手軽にプレイでき片付けも簡単になります

プレイ動画

G502WLを使用してのBO4BOT撃ち動画です、良く動いているのがわかります

ケーブルが無い事で自由度も高く、使って本当に気持ち良いデバイスです

まとめ

待ちに待ったG502のワイヤレスモデル、すばらしい出来です

バッテリー持ちも十分で、これもロジクールの次世代センサー「HERO16K」の省電力性能のおかげでしょう

ボタン数も同じで今までG502を使用していた方は違和感なく移行できます、モンゴリアンスタイルでの使い勝手も素晴らしい

XIM APEXでの使い心地も良く、素直に動きます

ぜひ購入しこの使い心地を体験してみて下さい

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介