親父ゲーマーの備忘録

PS4のコミュニティー機能で「XIMコミュニティー」を作成ました。ぜひ利用してみて下さい。

XIM APEXでロジクールG603を使う

f:id:gameblogx:20180824202648p:plain

XIMAPEXやPS4で使用する為にロジクールG603を購入しました

G703も所有していますがロジクールの次世代センサー「HERO」を試してみたかったからです

今回はG603とXIM APEXの相性を確認しレビューしてみたいと思います

基本スペック

G703との比較表で確認します

 f:id:gameblogx:20180823203509j:plain

G603もG703と同じくロジクールLIGHTSPEEDワイヤレス技術を採用しており、遅延を一切感じさせません

G703と大きく異なる点は内臓バッテリーから単三電池仕様になっている点です

それに伴い最大駆動時間が30時間から500時間(単三電池二本使用時、HIモード)と増加しており、電池が切れても交換する事ですぐさまプレイを再開する事ができます

接続方法も二種類となり、専用レシーバーに加えBluetoothでの接続も可能となっています

内容物

マウス本体、専用レシーバー、USBケーブル、単三乾電池x2本となります

梱包も簡易タイプではなく、今まで通りのしっかりした物です

f:id:gameblogx:20180824200004p:plain

ロジクール次世代センサー「HERO」

f:id:gameblogx:20180823204701j:plain

HEROとはロジクール独自設計のゲーミングマウスとしての性能と省電力を両立させた次世代センサーです

G703に搭載されたPMW3366と比べても遜色ない性能を発揮します

プログラム可能な6個のボタン

ボタン数は6個、メインボタン左右、サイドボタン2、ホイールクリック、ホイール後方のボタンとなります

G703と同様に割り当てます(写真はG703です)

f:id:gameblogx:20180614185344p:plain

マウスの大きさ、握りやすさについて

大きさは比較表を見てもわかりますがG703とまったく同じです

握った印象もほぼ同じです、他のレビューで滑り止めが付いていない為持ちにくいという意見もありますが

全然そんなこともなく、非常に持ち上げやすく掴みやすいマウスです

メインボタンはG502のように真ん中がへこんでいるタイプで、指が自然とベストな位置に来るので連射もしやすいです

f:id:gameblogx:20180823210255j:plain

XIM APEXへの接続

USBハブへ専用レシーバーを取り付けるだけで無線で使用できます

f:id:gameblogx:20180824200149p:plain

マネージャーにロジクールのマークが出れば接続完了です

設置場所によっては付属のケーブルを使って手元に専用レシーバーを設置すると良いでしょう

f:id:gameblogx:20180824203952p:plain

HIモード時のマウスのポーリングレートも125/250/500/1000hzから選べます

XIM APEX側のレポートレートと合わせておくと良いでしょう

手持ちマウスパッドとの相性

Razer Goliathus Cosmic (Speed)

f:id:gameblogx:20180824200659p:plain

今回のマウスパッドで唯一の他社製品ですが、結論から言うとまったく問題ありません

素直に動かした分、動くといった感じで素早く動かした時もピタリと照準が合います

始めてのHEROセンサーということで相性等心配でしたがまったくの懸念でした

ロジクールG240t

f:id:gameblogx:20180824200407p:plain

同メーカー製だけあり、動かした分だけ動き特に問題ありません

LoDも殆ど感じさせず、持ち上げた際にカーソルが動くこともありません

薄手の布製マウスパッドが好みの方はこれで良いと思います

ロジクールG440t

f:id:gameblogx:20180824200643p:plain

ロジクール製のハードパッドです、久しぶりに使ってみましたがこのマウスにベストマッチかもしれません

ハードパッドは滑りすぎて苦手だったのですが、マウスソールの形状や重さやサイズ感が丁度よかったのか自分にピッタリでした

照準の動きも素直に動き、LoDもG240t同様まったく気になりません

マウスパッドに関しては上記三点から「厚手の布製」「薄手の布製」「ハードパッド」と自分の好きな物で良いと思います

厚手の布製でしたらロジクールならG640Rもありますので、そちらでも良いかもしれません

まとめ

ロジクールの次世代センサー「HERO」ですが、本当に素晴らしいセンサーだと思います

G502等に搭載されているPMW3366はセンサーキャリブレーションによってどんなマウスパッドでも最高の性能を引き出せますが

このHEROセンサーはそのような機能が無くても、どのマウスパッドでもかなりの性能を引き出す事ができます

LoD(リフトオフディスタンス)も短く、マウスを持ち上げて下す際の照準のブレも起きにくく使っていて本当に気持ちがいい

Hiモードで使用することで有線ゲーミングマウスに並ぶ反応速度を得られるということで遅延もまったく感じません

なにより乾電池モデルなので充電の手間も無く、電池持ちも良いのでゲームに没頭することができます

XIM APEXでの使い心地も良く、素直に動きます

モンゴリアンスタイルでの使用はボタン数の関係から工夫と妥協が必要ですが

キーボード併用の通常スタイルなら十分選択肢に入る、というか自分的にはベストバイですね

マウスにケーブルが無いのは本当に快適です、マウス自体のクオリティも高く本当にお勧めの一品です

同じHEROセンサー採用のG304も発売されました

Pro Gaming Mouseと同形状の少し小ぶりのマウスです

PS4版ボーダーブレイクにもおすすめ

PS4版ボーダーブレイクはマウスに対応しており、モンゴリアンスタイルでのプレイが可能です

専用レシーバーをPS4本体に刺せばそのまま認識します

G603をボーダーブレイクで使用してみましたが快適に使用できました

下記記事にて詳しく解説してありますので参考にしてみて下さい

 

XIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介