親父ゲーマーの備忘録

主にPS4などのCS機のデバイス紹介をメインとしたブログです、最近ゲーミングPCを購入したのでPC用デバイスも紹介していこうと思います

ゲーミングPCでモンゴリアンスタイルでプレイする

f:id:gameblogx:20200503103042j:plain

モンゴリアンスタイルとは左手コントローラー右手マウスでプレイするスタイルです

ゲーミングPCでモンゴリアンスタイルでプレイする場合、問題となってくるのがコントローラーの入力方法です

主に二種類あってそれがXinputとDirectInputです

XinputとDirectInput

Xinput

XinputはDirectX9で導入され、Xbox360と同じコントローラーとして認識されます

対応しているゲームの場合、特に設定をしなくてもゲームパッドとして認識されます

DirectInput

以前から使用されている入力形式で、各種ボタンをゲーム側で割り当てないとゲームパッドとして使用できません

PCでモンゴリアンスタイルで使用する場合は必ずDirectInputに対応している商品を購入して下さい

なぜDirectInputでないといけないのか?

Xinputの場合、USBに接続しただけでゲーム側でゲームパッドとして認識されてしまい

パッドとマウスを使うモンゴリアンスタイルの場合、不具合が生じるからです

動画の様に、コントローラーを使用した時はゲームパッド

マウスを動かした時はキーボード&マウスと認識されおかしな挙動になっています

さらにコントローラーと認識された時だけエイムアシストが有効となり

まともにエイムできなくなります

この不具合を解消するために、DirectInputのゲームパッドを使用して次の方法でキーを割り当てる必要があります

Joy toKeyでゲームパッドにキーボードのキーを割り当てる

Joy toKeyとはゲームパッドの操作をキーボードのキーに割り当てる事ができる定番ソフトです

f:id:gameblogx:20200503100110p:plain

ソフトの詳しい使い方は他のサイトを参考にして下さい

正し、モンゴリアンスタイルの場合一つだけ設定して欲しい項目があります

Optionタグの「入力処理の設定」でStick1の入力のしきい値を60~75%にして下さい

f:id:gameblogx:20200503100403p:plain

こちらは移動に使う左スティックの遊びを調整する設定ですが、これが0だと斜め入力が敏感すぎてまっすぐ進みたいのに斜め45度に進んでしまうからです

これはアナログではなく、WASD移動のデジタル的な動きに変換されてしまうのが原因です

この値を100%などにしてしまうと今度はスティックをいっぱいまで倒さなければ反応しなくなる為、調整して自分にあった数値にして下さい

十字キーやL1L2にあたるボタンも割り当てし、ゲーム内でも設定して下さい

射撃練習場などで設定しながら確認すると良いでしょう

PCにおけるモンゴリアンスタイルのメリットとデメリット

メリット

1.移動は慣れたスティックでエイムはマウスで

CS機から移行して来た方で、PCでFPSをプレイする上で障害となるのがキーボードによる操作だと思います

それをパッドを使用する事で克服できます

デメリット

1.キーが足りなくなる

本来キーボードを使用する左手操作でアナログスティック、十字キー、L1L2ボタンしか操作できない為

キー操作が多いゲームの場合、ボタンが足りなくなります

それを補う為、マウス側に多くのボタンを振り割る必要があるのでロジクールG502HEROなどを使用する必要がある

2.レレレ撃ち時の左右移動が遅い

レレレ撃ちとは左右に激しく動きながら射撃する方法です

移動がスティックなのでどうしても「倒す」という操作が必要になる為、キーボードの様に素早い左右移動ができません

まとめ

PCでモンゴリアンスタイルでプレイする人は極少数だと思います

ただCS機から移行してくる人はこちらの方法の方がプレイしやすい人もいるかと思います

事実私もキーボード操作がどうしても合わず、PC版はこちらの方法でプレイ中です

そういった方のための参考になればと思います