親父ゲーマーの備忘録

主にPS4などのCS機のデバイス紹介をメインとしたブログです、最近ゲーミングPCを購入したのでPC用デバイスも紹介していこうと思います

ASUS VG259QでPS5で120Hzを出す

f:id:gameblogx:20210212222001j:plain

2021年7月21日追記

いつの間にかPS5側のアップデートでVG259Qが120Hz駆動に対応してました

実際にCoD:BOCWPS5版で試してみましたがHDMI直刺しで120Hz駆動する事を確認しました

f:id:gameblogx:20210721212400p:plain

これで下記の様にHDMIエミュレーターを使用しなくてもよくなりました

よかったよかった

以下過去記事

PS5は120Hz駆動できるのが売りの一つですが、一部のモニターは144Hz対応でもPS5で120Hz駆動できない物もあります

モニター側で120Hzをサポートしていないのが原因のようです

私も所有するASUS VG259Qではできませんでしたが

EDIDエミュレーターを使用して回避し、120Hz駆動する事ができました

PS5発売前に購入してしまっていた方もいると思うので参考までに記事にしておきます

購入する物

こちらのEDIDエミュレーターを使用します

接続・設定

1.まず直接PS5とモニター(VG259)のHDMI端子に接続し

設定の「システム」>「HDMI」>「HDCPを有効にする」をオフにします

f:id:gameblogx:20210212214312j:plain

2.設定の「スクリーン」>「映像出力」>「解像度」を選び下記のような状態にします

f:id:gameblogx:20210212214529j:plain

3.モニターに接続したHDMIケーブルを抜き、エミュレーターを取り付けHDMI端子に接続します

f:id:gameblogx:20210212215011p:plain

すると画面に「許容範囲外」という表示がでると思うのでコントローラーの↓↓↓×と押します

先ほどの状態からいうと画面解像度1080pを選択する事となります

これで画面が表示されるはずです

PS5側の設定

f:id:gameblogx:20210212215217j:plain

「セーブデータとゲーム/アプリ設定」>「ゲームプリセット」>「パフォーマンス優先と画質優先」でパフォーマンス優先を選びます

この状態で各ゲームを起動します

Call of Duty Black Ops Cold Warの設定

f:id:gameblogx:20210212215454j:plain

グラフィック設定でレイトレーシングが無効、120Hzリフレッシュレートが有効になっているのを確認してみて下さい

この状態でモニター側の情報を確認すると120Hzで出力されている事が分かります

f:id:gameblogx:20210212215634p:plain

レインボーシックスシージ

f:id:gameblogx:20210212215727j:plain

映像設定でパフォーマンス優先を選びます、これで120Hz出力されますのでモニター側でも確認してみて下さい

f:id:gameblogx:20210212215913p:plain

フォートナイト

f:id:gameblogx:20210212220009j:plain

グラフィック設定で120FPSモードをオンにします

このゲームはFPSを画面に表示する事ができますので表示して確認してみても良いでしょう

f:id:gameblogx:20210212220136j:plain

射撃したりするとFPSが若干落ちたりしますが問題無いでしょう

f:id:gameblogx:20210212220242p:plain

まとめ

VG259ではPS5の120Hz駆動は諦めていましたが手軽に120Hz化する事ができました

これなら配線も増えず(モニターとの間に噛ますだけ)違和感もありません

HDCPに対応していないので映像コンテンツが再生できなくなりますが、PS5ではゲームしかしない!という方は問題無いでしょう

肝心のゲームプレイですが、さすが120Hzヌルヌル動いてくれます

ASUSに問い合わせた方もいますが、ソフトウェアアップデートなどで対応する予定も無いとの事ですが

PS5発売前にVG259をすでに購入していた方もこの方法なら安く120Hz化する事ができるので非常に助かるのではないでしょうか