親父ゲーマーの備忘録

主にPS4などのCS機のデバイス紹介をメインとしたブログです、最近ゲーミングPCを購入したのでPC用デバイスも紹介していこうと思います

G HUBでのマクロ作成及び設定方法

f:id:gameblogx:20200506153514p:plain

ロジクールのゲーミングソフトウェアG HUBですが

以前のLGS(ロジクールゲーミングソフトウェア)と比べてUIが分かりにくく非常に使いづらいです

基本の設定(DPIやボタン割り当て)は特に説明は無くてもできると思いますので、マクロの作り方とプロファイルの自動切換えの設定方法を紹介したい思います

マクロ作成方法

f:id:gameblogx:20200506143824p:plain

マクロを設定したいプロファイルを読み出し、「割り当て」のタブをクリックします

マクロをクリックし、下の欄の「新しいマクロ」を作成をクリック

f:id:gameblogx:20200506143901p:plain

今から作成するマクロの名前を付けます、わかりやすい名前にしておきましょう

f:id:gameblogx:20200506144050p:plain

マクロの種類を決定します、左から説明します

反復なし

ボタンを押した時に一回のみマクロが実行されます

保持中に反復

ボタンを押している間、マクロが繰り返されます

切り替え

一度ボタンを押すとマクロが開始され繰り返され、もう一度おすとマクロが停止します

シーケンス

ボタンを押した時、押しっぱなしにしている時、離した時の三種類の動作を組み合わせたマクロです

f:id:gameblogx:20200506144705p:plain

上記の場合、ボタンを押した時に一度「A」が入力され、押している間は「B」が繰り返し入力され

ボタンを離した時に一度だけ「C」が入力されます

テキストで言えば「ABBBBBBBC」のように入力されます

遅延設定

f:id:gameblogx:20200506145229p:plain

マクロのアクション間の遅延を設定します、標準の遅延は50msecに設定されていますが

こちらのチェックを外すと任意の数値を設定できます

f:id:gameblogx:20200506145509p:plain

反復するマクロの場合は反復の際の遅延も設定できます

f:id:gameblogx:20200506145610p:plain

ただしこちらは25msecより小さな数値は設定できません

f:id:gameblogx:20200506145701p:plain

こちらにチェックを入れるとボタンを押したり離したりした時のマークを入れる事ができます

実際のキーを入力してマクロを作成する

実際にマクロを作成してみましょう

f:id:gameblogx:20200506145908p:plain

今すぐ起動をクリックすると下記のメニューがでてきます

f:id:gameblogx:20200506150021p:plain

「キーストロークを記録」をクリックします

f:id:gameblogx:20200506150958p:plain

上記のような表示でますので、マクロで実行させたいキーを入力します

f:id:gameblogx:20200506151239p:plain

この場合、まずAキーを押しその後Bキーを押し左クリックを押すとなります

必要なキーを設定した後、記録を停止をクリックします

f:id:gameblogx:20200506151437p:plain

最後に保存をクリックして記録します

失敗したり間違えた時はリセットを押す事でやり直す事ができます 

作成したマクロをボタンに設定する

f:id:gameblogx:20200506151714p:plain

左側の作成したマクロを設定したいボタンにドラッグします

その後、マクロが想定通りの動作をするか確認して下さい

オンボードメモリモードでは使用できません

マクロを設定したプロファイルをオンボードメモリに書き込んでもマクロが動きません

これが仕様なのかバグなのかは分かりませんが、現状G-HUBではソフトウェアマクロしか使用できません

以前のLGSではできたのでG-HUB登場以前のマウスでマクロをオンボードで使いたい場合はそちらを使用すると良いでしょう

連射マクロを作成する一連の動画

少し前のバージョンなので細かな違いもありますが手順的には問題ありません

動画で見たいという方はこちらをご覧下さい

オンボードメモリモードを有効にする方法

こちらはG502WLオンボードメモリモードの設定方法です、参考までに

まとめ

マクロの組み方自体はそこまで難しくはないと思います

UIが分かり辛いのが欠点ですが・・・

マクロの種類も色々ありますのである程度組みたいマクロが組めるのではないかと思います

個人的には押している間(ホールド)マクロを実行していて離したら残りのマクロの実行を中止するような設定が欲しかったかなとも思いますが

ロジクールの製品は最近リリースされた商品はG HUBしか対応していないので、どうしても使わなければなりません

今回の記事が少しでも皆さんの参考になればと思います