親父ゲーマーの備忘録

主にPS4などのCS機のデバイス紹介をメインとしたブログです、最近ゲーミングPCを購入したのでPC用デバイスも紹介していこうと思います

XIM APEXでPS4版Call of Duty MW Warzoneをプレイする

f:id:gameblogx:20200310202757j:plain

2020年3月11日にCoD:MWのバトロワCall of Duty: Warzoneがリリースされました

ダウンロードし早速、XIMAPEXを使用してプレイしてみました

使用デバイス

マウスはロジクールG502HERO DPI4000 ポーリングレート500hz

マウスパッドはロジクールG640r

左手DS4のモンゴリアンスタイル

マウスボタン設定

f:id:gameblogx:20181014111645j:plain

サイドボタンにジャンプ、姿勢変更、リロード

メインボタン脇の二つのボタンに武器切換え、格闘

ゲーム内設定

ゲーム内設定はCoD:MWと同様です

f:id:gameblogx:20191025072429j:plain

水平感度と垂直感度を最高の20に設定します(デフォルトは4)

エイム感度の増幅(低倍&高倍ズーム)はどちらも1.00(デフォルト)

エイムのレスポンス曲線タイプは標準(デフォルト)を使用します

XIM APEX設定

XIM APEXはエキスパート設定を有効にし、レスポンスレートは500hz

STはコールオブデューティーモダンウォーフェア用を使用します

f:id:gameblogx:20200310203048j:plain

私は同期は消すを使用しています、スムージングやY/X比は実際に照準の動きを見て設定して下さい

バリスティックカーブはリニア(デフォルト)のままです

f:id:gameblogx:20200313185921p:plain

ADSは遅延を持たして、スムーズな照準設定にチェックを入れています

バリスティックカーブは標準のリニアに設定しています

f:id:gameblogx:20200313185938p:plain
f:id:gameblogx:20200313185945p:plain

Deactivation DeleyはADSボタンを離してからHip感度に戻るまでのタイムラグを設定できます

今作からゲーム内での感度の変わり方が変わり、ADSボタンを離した後に感度の戻りにタイムラグが入るようになったからです

メーカー推奨では224msで設定するように指定がありますのでそのように設定します

Warzone時のインベントリ操作について

このゲームの持ち物はかなりシンプルですが、弾やシールドのドロップの際に右スティックで持ち物を選ぶのがマウスだとやりにくいです

そこで十字下(インベントリを開く)を押している間はマウスカーソルでアイテムを選べるように操作を変更します

f:id:gameblogx:20200311210215p:plain

追加設定を開き、有効にチェックを入れ継承のチェックを外します

有効化キーは十字下のボタンを設定して下さい、遅延は100msecで良いでしょう

下にスクロールさせ「動き」タブを開き、右スティックの左右にホイールスクロールのアップとダウンを割り当てます

これで十字下キーを押してインベントリを表示している時はスクロール上下で選ぶことができます

f:id:gameblogx:20200311210225p:plain

ここで注意点ですが、右スティックに割り当てるボタンを他の操作にも割り当てている場合は必ず「アクション」タブを開いてスクロールアップ・ダウンのボタンを消しておいてください

でないと右スティックを動かす動作とスクロールアップ・ダウンを割り当てている動作を同時に行ってしまう事になります

f:id:gameblogx:20200311210605p:plain

上記の方法でボタンを変える事で例えば、右クリックで右へ移動、左クリックで左へ移動したりと好きな操作にする事もできます

パラシュート降下時の操作方法について

まず前提としてパラシュートの最大感度がすごく遅いので、仕様的にこれ以上早くする事はできませんが少しでも快適に降下できるように操作方法を考えてみます

キーボードを使用している場合(右手で視点変更)

パラシュート降下時はキーボードの使っていない右側のボタン、例えばIJKLあたりを右スティックに割り当てます

f:id:gameblogx:20200314213301p:plain

降下時はそれらを右手で使用す、地上に降りたら素早くマウスに持ち替える方法です

f:id:gameblogx:20200314214052p:plain

モンゴリアンスタイルの場合

DS4を使ったモンゴリアンスタイルの場合は単純です

パラシュート降下時のみ通常のコントローラーの持ち方

地上に降りたらすばやくマウスに持ち変えるといった方法で対応するのが一番良いと思います

スナイパーライフル自動息止めの設定

スナイパーライフルを覗いた時にエイムボタンのみで同時に息止めする事ができます

f:id:gameblogx:20200315124827p:plain
f:id:gameblogx:20200315124837p:plain

ADS側の継承チェックを外し、「アクション」欄のADSボタンとL3ボタンに右クリックを割り当てます

(図ではL1に右クリックを割り当ててありますが、私はL1R1射撃にしている為です)

これで右クリックのみでスコープを覗くと同時に息止めする事ができます

こちらはMW本編でも使用できますので参考までに

CoD:MW Warzone スナイパーライフル自動息止め

ズーム倍率やハイブリッドサイトの切り替え

自動息止めを使用する場合、L3ボタンが押しっぱなしになる為ズーム倍率やハイブリッドサイトの切り替えができません

ただし、下記の設定を追加する事で切り替える事ができます

f:id:gameblogx:20200315201013p:plain
f:id:gameblogx:20200315201015p:plain

追加設定を作り、名称は適当につけます

継承のチェックを外し有効化キーは押しやすい適当なボタンを設定します、図ではTキーに設定しています

Deactivation Delayは図の様に224msに設定しておいて下さい

照準は必ずADSと同じ数値にしておきましょう

f:id:gameblogx:20200315201139p:plain
f:id:gameblogx:20200315201141p:plain

照準の下の欄を「ADSトランスレーターを使用」に変更します

最後に「アクション」のL3ボタンに認証化キーと同じキーを設定します

これでスナイパースコープのズーム切り替えはTキーを二度押し

ハイブリッドサイトはTキーを一度押しで切り替える事ができます

プレイ動画

野良でのWarzone バトルロイヤル収容所からの復活優勝

まとめ

アタッチメントは固定されており、かなりカジュアルなバトロワです

かなりマップが広く中盤少しだれ気味になりますが、なかなか楽しめそうです

もう一つ現金を集めるPLUNDERモードはリスポーンもあり、既存のバトロワが苦手な方も楽しめると思います

気になったらすぐ始められるのは大きなメリットです

ロードアウトドロップの仕様が本編持っている人に圧倒的有利なP2Wだ!と言われたりもしていますが

とりあえず無料ですし、気になる方はプレイしてみては如何でしょうか

 

お勧めのマウスコンバーターXIMAPEXに関する記事一覧です

 

Xim4/XIM APEXで使用できるマウスとマウスパッドの紹介

call of duty modern warfare